ゆっくりと原因を探る|ストレスや不安状態から引き起こされる睡眠障害!まずは原因を改善

ストレスや不安状態から引き起こされる睡眠障害!まずは原因を改善

先生

ゆっくりと原因を探る

看護

親の気持ちを押し付けない

ソーシャルネットワークサービスの発達によって子どもたちを取り巻く環境はひと昔前と比べて大幅に様変わりしており、教育に対する考え方もそれに合わせて変えていく必要があります。子どもたちの学校での関係性は大人が考えている以上に複雑で、この頃は不登校になる子どもが以前と比較するとかなり増えました。自分の子どもが不登校になるとどうしても学校に行かせなければと親御さんは考えてしまいがちですが、かなりデリケートな問題なので何となくで行動をするべきではなく、場合によっては専門家に頼ることも検討してみるべきです。もし、我が子が不登校になった場合には精神科や心療内科に相談をしてみるといいです。両親が不登校をしたくなった原因等を聞いてあげられればベストですが、距離感が近すぎるために逆に話しにくいといったケースもありますから第三者に仲介してもらうのは悪くない方法です。また、心療内科にいる先生は精神分析のスペシャリストですから子どもの心に負担をかけることなく胸の内を聞き出すことも可能です。

NPOに相談してみる

心療内科で得られる成果はその先生の技量によって大幅に変わります。もちろん、抗うつ剤などの投薬を用いた治療も行われますが、不登校の子どもの気持ちをきちんと理解してあげるにはコミュニケーションを通して心を開いてもらうしかなく、そのためにはお医者さんの人間性などがかなり影響します。大阪などの都市部には心療内科がたくさんありますから事前に意向にあったところを選ぶべきです。病院ごとに、あるいはお医者さんごとにどんなジャンルを得意としているかは異なります。例えば、前述した不登校の問題を含む子どもの心理分析に長けている先生もいれば、大人の治療を得意とする先生も当然います。大阪のどの心療内科が不登校を専門に行っているのかを調べてからいけばたらい回しにされる心配もないです。どんな病院が大阪にあるのかはパソコンを使えばすぐに分かります。ただ、それでも大阪のどこの心療内科がふさわしいのかで迷った場合にはかかりつけのお医者さんだったり、不登校の解決に取り組んでいるNPOの人たちに相談してみるとおすすめの病院を紹介してもらえます。