ストレスや不安状態から引き起こされる睡眠障害!まずは原因を改善

女性

心の病は治せる

男性

鬱病が悪化してしまった場合、患者さん個人の努力では抑うつ状態から逃れられなくなります。浦和でストレスからくる不調に悩まされた場合、心療内科に足を運びましょう。医師と共に病気治療を進めれば、仕事を休んでいる患者さんが社会復帰を考える上でも便利です。

More...

不安の原因を取り除く

女性

気楽な気持ちで眠る

睡眠障害には、寝付きが悪い入眠障害、夜中に何度も目が覚める中途覚醒、朝早い時間に目が覚める早朝覚醒、十分寝ているはずなのに寝た気がしない熟睡障害など様々なタイプがあります。これらの不眠は誰もが体験するものですが、これといった理由もなく2〜3週間以上継続して不眠なら、精神生理性不眠が考えられます。この場合、眠ることにあまりこだわらない事が大切です。「早く眠らなければいけない」と気持ちが焦るほどますます寝られなくなります。「眠れないなら眠くなるまで起きていれば良い」くらいの気楽な気持ちでいた方が、案外眠れるようになるものです。どうしても自力で眠りを元に戻せない時は、精神科や心療内科で受診が必要です。

症状に合ったタイプの薬を

睡眠障害は眠りの環境、仕事や生活上のストレス、不安や緊張、興奮、気候の変化など原因は色々ですが、特に原因がない精神生理性不眠は精神的緊張や性格要因によります。他にうつ病や不安障害など、心の病気の多くは不眠を伴います。その場合は元にある病気が改善されてくれば、睡眠障害も改善されることが多いです。睡眠障害の治療の基本は、不眠の原因を取り除くことと睡眠と覚醒のリズムを整えることにあります。原因を取り除いても改善されない場合は薬物療法が用いられます。薬物療法では睡眠薬が処方されますが、睡眠薬にも様々な種類があり、入眠障害には超短時間型や短時間型、中途覚醒や早朝覚醒には中間型といったように、症状に合ったタイプの薬が処方されます。

ゆっくりと原因を探る

看護

目覚ましい情報化社会への転向で、子ども達を取り巻く環境は以前と比べてとても複雑になりました。そのせいか大阪では不登校になる子どもは年々増加しており、精神科や心療内科への受診が必要なケースも多くなっています。苦しんでいる子ども達のためにも、その都度良い選択をしていく必要があります。

More...

心の病気になる前に

男性

人間は日々ストレスを抱えて生きていますが、特に仕事をしている人にとって、ストレスはとても身近なものです。上手くストレスと付き合い心と体の健康を保つためには、うつ病などになる前に早めに精神科やカウンセラーの診療を受けることが必要です。

More...